家賃 更新料

更新料は支払わなくてもいいってホント?

ひよこ

賃貸住宅を借りていますと、2年に1回契約を更新することになるのですが、その際に更新料を支払わなければなりません。 更新料は一ヶ月の家賃分となっていることが多いので、これは結構な金額といえるでしょう。

そのため、出来れば支払いたくない更新料なのですが、支払わなくてもいいケースがあるのです。 更新料を支払わなくてもいいケースとはどういったケースなのでしょうか。


更新料をしはらなくてもいいケースとは、契約時に更新料の支払いについての規約がない場合です。 最初の賃貸契約を結ぶ際に、契約書に更新料についての取り決めがなければ支払う義務はありません。 この「更新料」という取り決めは関東地方以外ではあまり普及していないようですので、支払う必要がない可能性もあります。

また、関東地方でも更新料を支払う必要がある物件と支払う必要がない物件がありますので、契約時に確認しておきましょう。 契約の際に更新料についての取り決めがなければ、常識的に考えれば更新料を支払わなくてもよいはずです。

逆に、契約書に更新料についての取り決めがあった場合は更新料を支払う義務が生じてきます。 更新料があまりにも高すぎる場合には支払いの義務はなくなることもあるようですが、一ヶ月分程度でしたら十分支払えると判断されてしまいます。 そのため、契約する際には必ずこの「更新料」についての契約書の記述には目を通すようにしておきましょう。

更新料は家賃1ヶ月分〜2ヶ月分という大きな金額であることが多く、家計に大きな影響を与えます。 更新料がある場合は、あらかじめそのことを考慮してお金のやりくりをしていかなければならないので、ご注意ください。

↑ PAGE TOP