家賃交渉

家賃の値引き交渉術

交渉

家賃の値引きなんてできるわけがないと思っている方は多いと思われますが、実はそんなこともないのです。 大家としても、空室が一部屋でもあると家賃収入が大分落ち込んでしまいますので、空室がある状態を避けたがるのです。 空室が一部屋でもあるだけで、その部屋の管理費用なども無駄になってしまいます。

そのため、大家は空室を作りたがらないので、交渉してみることで意外と家賃の値引きに応じてくれることもあるのです。

ただ、仲介してくれる不動産屋に値引き交渉をお願いしても、あまり意味はありません。 不動産屋としても、仲介しているだけなのに、そのような値引き交渉まではしにくいのです。

そういった事情もありますので、値引き交渉をするのでしたら、大家に直接交渉しましょう。

ただ、不動産屋に「いくらくらいなら大家は交渉に乗ってくれますか?」などといったアドバイスを求めるくらいのことはしてもよろしいでしょう。

大家にどのように値引き交渉を持ちかけるかといいますと、借りるそぶりをみせることが必要です。 大家だっていきなり「〜〜円値下げしろ」なんてお願いされれば不快に思います。

「この部屋はいい部屋だから、もうちょっとだけ家賃が安ければすぐにでも借りたいんですけど」みたいな感じで、借りることを前面に押し出してみましょう。 そうすれば、大家としても借りてほしいので、値下げ交渉に応じてくれるかもしれません。

大家は商売で行っている以上、利益があがるのでしたら値下げにも応じてくれるのです。
そして、大家も人間なのですから「借りてほしい」という願望を持っているのですから、そういった部分を理解して交渉に臨めば応じてくれる可能性も高くなるのです。

↑ PAGE TOP