家賃交渉 タイミング

交渉のベストタイミング

お願い

家賃は交渉次第で減額も狙えますので、できれば大家と交渉し減額させたいところです。

とはいえ、何の計算もなく交渉しても、減額することは難しいといえます。 減額したいのでしたら、交渉するタイミングを見計らうことをお勧めします

以下には、家賃交渉をする際のベストタイミングといえるようなタイミングをいくつかご紹介します。

・4月以降の交渉がベストタイミング

アパートやマンションの入居として一番忙しいのが2月〜3月です。
4月から新生活を始める人々が、その時期にたくさん新居に引越しをするので、最も忙しい時期となっています。

少し考えて貰えばわかると思うのですが、そんな時期に家賃の値下げ交渉をしても、聞き入れてもらえる可能性は低いといえます。 その時期でしたら家賃交渉をしなくても他にもたくさん入居希望者がいるのですから、わざわざ家賃交渉をする人に大家は部屋を貸す必要はないのです。

4月以降になりますと、入居ラッシュも収まりますので、家賃交渉をしやすくなってきます。

4月になっても空室な部屋は、下手をすると次の繁忙期となる8月頃まで空室になってしまうこともあります。 大家としては3ヶ月も空室にしておくよりは、家賃交渉に応じてでも入居者を確保したほうがいいので、家賃交渉に応じてくれる可能性も高くなります。

・契約更新時

賃貸住宅は2年に1回のペースで契約を更新します。 その契約を更新する際に、更新料を払うとともに家賃交渉を行うのです。

大家としても、2年以上も借りている人でしたら家賃納入などにも信用がおけますので、新しい入居者をいれるよりも家賃交渉をしてでも優良顧客を獲得しておきたいのです。 そのため、契約更新時の家賃交渉も成功しやすいので、ぜひお試しください。

以上のような期間が、家賃交渉のベストタイミングといえるので、ぜひ交渉してみてください。

↑ PAGE TOP