礼金 仲介 手数料

礼金・仲介手数料

賃貸

礼金と仲介手数料を同じようなものと考えている方が多いのですが、この二つは異なるものです。

礼金に関しては無料という住宅もありますので、お金に余裕がない方はそうした住宅を選ぶという選択肢もあります。 こちらでは、礼金と仲介手数料について、それぞれ説明していきます。

・礼金

礼金とは、大家に対して「この住宅を貸してくれてありがとうございます」とお礼の意味を込めて支払うお金です。 家賃を払っているにもかかわらず、なぜお礼をしなければならないんだとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、日本の風習のようなものとなっています。

ただ、近年では礼金があるのは「築年数が新しい住居」や「人気が高い住居」に限ることが多くなっています。 築年数が古かったり、あまり人気がない住居に関しては礼金が不要という住宅も多くなっているのです。

そのため、礼金を払う時は「いい住居を貸してくれてありがとう」という思いを込めて支払いましょう。 それでも抵抗感があるという方は、いい住居を借りる際の手数料のようなものと思えばよろしいかと思われます。

・仲介手数料

こちらは、大家ではなく不動産業者に支払う手数料です。 多くの方は賃貸住宅を借りる際には、不動産業者の仲介を経て大家と交渉をすることになります。

そうすることでスムーズに賃貸契約を結べますが、その際に必要な手続きなどを代行してもらう代わりに、仲介手数料を支払うのです。 ちなみに、不動産業者へ支払う仲介手数料は国土交通省の取り決めで、家賃一ヶ月分が上限となっています。

賃貸住宅を借りる際には、家賃以外にも上記のお金が必要になってきますので、そのことも覚えておきましょう。

↑ PAGE TOP