家賃交渉 更新時

更新時の家賃交渉

話し合い

賃貸住宅は2年に1回契約を更新する際に、更新料を支払うことになります。 この更新料は、1ヶ月〜2ヶ月分の家賃に相当する金額となりますので、家計にかなり影響を与えるため、敬遠されがちです。

しかしながら、中にはこの更新料を逆手にとって、家賃交渉の材料とする人もいるのです。 実際に、更新時の家賃交渉によって、その後の家賃の減額に成功している人もいらっしゃいます。 具体的にどのように家賃交渉を行うかについて、以下で説明します。

まず、2年間同じ住居に住んでいる方は2年前の条件で契約をしていることになります。

しかし、2年も経てば築年数も古くなっていますので、2年前の家賃のままであることは考えてみれば少しおかしいともいえます。 さらに、2年間も住んでいて、家賃をきちんと払い続けてきたのですから大家との間にも信頼関係が生まれているといえます。 そこにきて、さらに更新料として1ヶ月分の家賃に相当する更新料まで支払っているのですから、大家からみても優良な顧客といえます。

そんな優良な顧客が「次の契約更新時まで家賃を支払い続けるから、少し家賃を安くしてくれないか」と交渉を持ちかけてくれば、大家としても応じる可能性が高くなります。 大家としてもきちんと家賃を払ってくれるのですから文句はありませんし、実際に2年前より他の部屋の家賃は下げているはずなのです。 その部屋だけ2年前と同じ家賃であることを指摘されれば、流石に値下げせざるを得ません。

このように、契約時にきちんと家賃を払っている人が減額交渉を迫れば、大家側もそれに応じる可能性は高いのです。

更新料の支払いは確かに痛いですが、契約更新時こそ家賃の減額のチャンスともいえます。
せっかく契約を更新するのですから、少しでもいい条件で部屋を借りられるように行動してみましょう。

↑ PAGE TOP